妊娠中の方・妊婦さんでも加入できる医療保険の専門サイト

妊娠中でも入れる医療保険
  • お客様サービスセンター
  • 【受付】10時~17時 土日祝を除く
  • 資料請求・お申し込み
  • 事前査定はこちら

子供(幼児)との旅行はいつから楽しめる?0歳児~3歳児と旅行するときのポイント


2021年04月22日

子供が生まれたら旅行は行きづらい?
私は旅行好きなので、妊娠中はそんな不安を抱えていました。

しかし、子供が生まれてからの旅行は今までと違う体験が出来てとっても楽しいです!

どんなことに気をつければ良いのかなどをまとめたので、ぜひ子供が生まれた後のイメージを掴んで下さい。

子供が生まれてからどのくらいで旅行に行ける?

子供の性格にもよると思いますが、生後4~6ヶ月くらいになると首も座り、生活リズムも整ってくるので旅行もしやすくなります。

我が家の場合、長男は夜泣きがあって私自身も常に寝不足だったので、なかなか旅行という気分にはなれませんでしたが、次男はぐっすり寝る子だったので生後6ヶ月で飛行機に乗って沖縄旅行に行きました(関東在住です)。

子供が生まれて初めての旅行は、事前に情報収集し、なるべく近場で体の負担を減らすことがポイントです。
赤ちゃんにとっても初めての旅行ですが、実はママやパパにとっても初めての体験になるので、すごく疲れます。

親子共に旅行後に体調を崩すことがあるので、まずはお互いに体の負担にならない距離でゆっくりと過ごすのが良いでしょう。

0歳児との旅行

0歳児はまだ体も小さく無理をすると体調を崩したりするので、無理のないスケジュールでのんびり行動するようにしましょう。

そして、成長に合わせたホテル選びが重要です。

子供が寝返りする前なら、ホテル選びは一番楽です。ベッドに寝かせても落ちる事もないし、ベビーベットで寝られる子なら宿でベビーベットを借りればかなり安心出来ます。

寝返りするようになると、ベッドより布団が敷ける和室の宿がお勧めです。ハイハイ時期なら土足禁止の宿がよいでしょう。子供歓迎の宿ならコンセントガードなどもしてあるのでより安全ですね。

食べ物に関しては、離乳食ならレトルトなどのベビーフードを持って行った方が良いです。
宿が離乳食対応だとしても、離乳食の進み具合によって食べられるものは変わるので、思ってたより食べられるものが少ないという事もあるのです。

1歳児の旅行

歩けるようになれば行動範囲は広がります。ただ、まだまだ大人と同じようには行動できないので、ベビーカーなどは必須アイテムになります。

宿では、ベッドであればベビーガードをあらかじめ付けてもらうと安心です。予約する前に宿にベッドガードを付けられるか聞いておくと良いでしょう。

食べ物はだいぶ大人と同じものが食べられるようにはなりますが、子供によって食べられるものは異なるので、いつでも食べられるパンやおやつを持っていくと、お腹が空いてぐずった時も安心です。

また、2歳からは飛行機料金がかかります。料金がかかる前に飛行機に乗りたいという人は1歳のうちがチャンスですが、耳抜き用の飲み物やおやつ、退屈しのぎのおもちゃなどは必須アイテムです。

2歳以降

2歳前半は1歳代と同じような注意が必要ですが、2歳後半になると体力も付いて行動範囲は大きく変わりますし、体力がある子はお昼寝もなくなります。

それでも普段と違う生活リズムになる旅行は子供にとってとても疲れます。それを考慮しながら日程を決めると良いでしょう。

また、2歳ころになるとイヤイヤ期が始まります。
我が家の長男は外では大人しく、家だと激しいイヤイヤをするので、子供が思いっきり体を動かせる旅行は、親にとっても楽しめるイベントでした。

この頃から夜泣きもなくなったので、エステサロンが付いているホテルに泊まって、夜に寝かしつけてからパパに任せて、エステでリフレッシュするのも楽しみの一つでした。
ただ、友人はこの頃に初めて旅行に行ったら慣れない環境だったせいか、普段しない夜泣きをしたと言っていました。

子供によっては3歳前後でトイトレが始まりますが、大人用のトイレは毎回大変なので、子供用の補助便座を用意してくれるホテルだと便利です。
トイレが出来るようになるとどこの温泉やプールでも入れるようになり、出来る遊びも増えます。会話もスムーズに出来るようになるので、長距離の旅行もしやすくなります。

旅行好きがオススメする便利アイテム

私は子供が生まれる前から旅行好きなんですが、観光よりホテルへのこだわりが強いタイプです。
そんな私が今ハマっているのが「ホテルのステイタス修行」です。

ホテルによってステイタスというのがあり、所定の条件(宿泊数など)をクリアすればステイタスが上がり、それによって様々な特典が受けられるというものです。なので、月に数回は家族4人でホテルに泊まっています。

そんな私が子連れ旅で必要だと感じたのが、子供が乗れるキャリーケースです。

うちの子は4歳と1歳で、夜の移動があると、子供たちは眠くなったり疲れてぐずったりします。
ベビーカーとキャリーケースの両方を持って歩くのは結構大変なので、子供を乗せられるキャリーケースは荷物にもならずにとても便利です。

後は、泊まりにいく時だけ出すおもちゃがあると子供たちは夢中で遊んでくれます。

まとめ

妊娠中は、子供との旅行は大変そう…というイメージで、あまり旅行は楽しめないと思っていましたが、実際には、大変だけど今まで違う楽しみ方ができるようになり、より旅行が好きになりました。

皆さんも子供と一緒にどんな事なら楽しめるか、ぜひ想像をしてみて下さい。

関連記事:妊娠中に旅行に行って大丈夫?注意点と準備についてまとめました

前の記事:
次の記事:
  • 事前査定はこちら
  • 資料請求・お申し込み