妊娠中の方・妊婦さんでも加入できる医療保険の専門サイト

妊娠中でも入れる医療保険
  • お客様サービスセンター
  • 【受付】10時~17時 土日祝を除く
  • 資料請求・お申し込み
  • 事前査定はこちら

妊娠中から相談出来る人を見つけよう!子育ては味方がいれば心強い!


2021年04月03日

産後うつ、育児ノイローゼなど大きな幸せである出産後に心身のバランスを崩してしまう人が増加しているようです。病気でなくても育児は楽しい事ばかりでなく、大変なことが多いものです。

妊娠したらぜひ考えて欲しいのが「育児の味方を見つける事」「相談先の確保」です。困った時は遠慮なく誰かに頼る!そう思えるだけで気持ちが少し軽くなります。

はじめての子育ては不安だらけ!?

産後うつは第一子で発症する確率が高いと言われます。私の周りには第二子以降で心身のバランスを崩す人が多かったので必ずとは言えませんが、実体験からも初めての子育ては不安が大きいと感じます。

産後入院中、わからない事は看護師や医師に聞けたけど、退院する時に何も知らない状態で、本当に赤ちゃんを育てられるのか不安になったのを覚えています。特に最初の1ヶ月は「体重が増えているのか?」「へその緒はいつ取れるのか?」「泣き止まない時はどうすれば良いのか…」など些細な事でも不安になりました。

子育ての不安は尽きない

産後に限らず、子供がいくつになっても子育ての悩みは尽きません。子供が複数人いると悩みや不安がなくなるのかと思ったら、何人いてもはじめての事は戸惑うというママさんの方が多いです。

赤ちゃんのうちは体の成長や体調不良で心配し、少し大きくなると生活のリズムや食事について悩み、保育園・幼稚園に通うとお友達とのトラブルでなどもあって、子供の成長と共に悩みも変わりますし、子供の性格や環境などによって悩みは変わります。悩みや不安は大きいものから小さいものまでありますが、子供がいくつになっても心配するのが親というものです。

相談出来る人が何人もいると心強い!

不安や悩み事はそのまま抱えずに、相談する事で解決出来ないか考えてみましょう。ちょっとした疑問や成長に関することなど色々な相談先を知っておくといざという時に助かります。

私も子供がはじめて高熱を出した時は戸惑いましたが、一緒に暮らしている義両親の意見や#8000に電話して夜間病院に行くか判断しました。我が家の場合は次男がやんちゃで、兄の時には経験のない怪我をよくするので、今でもすぐに病院に行くか迷う時は、必ず相談をしています。

専門的な知識が必要なら医師、保健師、助産師など信頼出来る専門家を見つけるのも良いと思います。気軽に相談出来るのは自治体の保健師さんや助産師さんで、母子手帳をもらったところで聞Zくと相談先を教えてくれます。

ただし、相性などがあり、私の担当してくれた保健師さんは優しく、4歳の今でも時々連絡をくれ、相談に乗ってくれますが、他の人に聞くと相談にしても話を聞いてくれないと言っていました。合わなければ別の相談先を探せば良いと気軽に考えましょう。

先輩ママ、親、兄弟、親族なんかは相談だけでなく実際に手を貸してくれたり、手伝ったりしてくれる存在でもあります。義理の両親には相談しづらいというママさんもいますが、意外と相談すると仲が深まる可能性もあるので、相談してみて下さい。
■関連記事
ママ友って必要ですか?ママ友がいて良かった私の体験談

他にもママ友というのも実は大きな味方になります。少し話を聞いてくれるだけでも心が軽くなったり、先輩ママだと実体験からアドバイスをくれ、それで悩みが解消されたこともあります。

保育園や幼稚園に行く年齢になると関わる先生も重要です。選べる場合は相談しやすい環境かどうかも重要です。私は家から近いところを選びましたが、ママによってはたくさんの園を見学して選んだ人もいます。

知り合いのママさんは、子供が何かあると「先生忙しそうだから言えなかった」というのが気になって転園をしたと言っていました。ママにとっても相談しやすいか重要ですが、子供が通う保育園・幼稚園、学校などは子供が相談しやすい環境かも重要かもしれません。

相談出来る機関やサービスも知っておくと便利

子供が病気の時にどう対応したら良いか迷った場合は、#8000というこども医療でんわ相談というものがあります。このように困った時に相談出来る機関やサービスも知っておくと便利です。

関東圏や関西圏の一部ではファストドクターという休日や夜間に小児科医が自宅に来てくれるとうサービスもあります。ベビーシッターも探すと産後ママの体のサポートだけでなく心のサポートをしてくれるところがあります。

気軽に相談に乗ってくれるような機関もいろいろあるので、妊娠中から探してみると良いでしょう。先ほど言ったように自治体の保健師さんや助産師さん、その他自治体で相談機関を聞くと色々教えてくれますよ。

困った時は助けを求めよう!

育児は戸惑う事ばかりです。子育て中、困った時に遠慮なく周りに助けを求めましょう。ママ気持ちが乱れると子供も不安になってしまいます。

色々な相談先、子育ての味方を見つけておくと育児がもっと楽しくなります。ぜひ妊娠中から意識して相談先を見つけておきしょう。

前の記事:
次の記事:
  • 事前査定はこちら
  • 資料請求・お申し込み