妊娠中の方・妊婦さんでも加入できる医療保険の専門サイト

妊娠中でも入れる医療保険
  • お客様サービスセンター
  • 【受付】10時~17時 土日祝を除く
  • 資料請求・お申し込み
  • 事前査定はこちら

胎教や小さい子供の習い事、子供のためにやった方が良い?子育てママの体験談


2021年05月12日

妊娠中、赤ちゃんに良い胎教をした方が良い?など子供の将来を考えて色々悩むママ・パパも多いかと思います。

今回は胎教について、私が実際に子供にさせている習い事や英才教育などについて書いていきます。

胎教や小さい頃の習い事って必要なのか?

胎教は「胎児に教える」と書くので、そのイメージから「教育」を連想する方が多いかもしれません。

しかし胎教にははっきりとした定義はなく、一般的には音楽をかけたり、赤ちゃんに語りかけたり、絵本の読み聞かせなどをして、ママ自身がリラックスしながら赤ちゃんとのコミュニケーションをとっていくことを胎教と言います。

そして、0歳から3歳頃までに行うのが幼児期の習い事です。
3歳頃までイヤイヤ期はあっても、自分の意思をハッキリ伝えられる訳ではないので、基本的に親が決める形になります。

専門家でも意見が分かれて、胎教や小さい頃の習い事が良いという人や意味があまりないという人もいます
他にも、スイミングは体を強くするので良いという意見もあれば、4歳以下の子供がすると口呼吸が癖になって逆に体調を崩しやすくなるという意見もあります。

運動系の習い事も、プロの選手などは2〜3歳くらいからやり始めているという人がいる反面、あまり小さいうから何かに特化させた体の使い方は良くないという人もいます。
小さいうちは走るだけでよく、体幹を保てるようになってから種目を選んだ習い事をした方が良いという意見です。
結局、何を信じるかは親次第という気がしますね。

胎教や小さい頃の習い事って何があるの?

胎教にも色々種類があって、文字通り胎児に教えるもの(能力開発・教育)や、ママのストレス軽減のためにリラックス出来るものなどがあります。
小さい頃の習い事というと、ベビースイミングと幼児教室が代表例だと思います。

スイミングは赤ちゃんのうちからやる事で水に慣れたり、身体を強くしたりすると言われています。幼児教室は主にお受験を目指すママ・パパが通うことが多いです。

他には、ベビーサインやリトミックなんかも0歳児から出来ますね。1歳〜2歳だと英会話、3歳からは体操、ピアノ、サッカー、ゴルフという少し高度な習い事が出来るようになります。

習い事は、本人の興味だけでなく、通える距離か、先生との相性はどうかなども重要です。
どんなに良いものでも、距離があったり、先生との相性が良くないと、定期的に通うのが辛くなります。

多くの習い事で体験教室があるので、一度体験しに行ってみて雰囲気やスケジュールなどをシミュレーションしてみると良いでしょう。

幼児教室や習い事にかかる金額

ベビースイミングやリトミックは週1回で月に4,000〜5,000円から出来るところが多いようです。
地域によっては金額が高くなるところもありますし、通う頻度によっても異なります。

幼児教室は少し高めで1〜2万円という所が多いです。教材の費用が別途でかかったりするので、幼児教室は他の習い事に比べて単価が高めに感じます。

幼児教室「ベビーパーク」を4年間続けた2児ママの感想

我が家は子供2人とも、1歳から「ベビーパーク」という幼児教室に通わせています。
片道で1時間近くかかるので、毎週2回、よく通っているなというのが感想です(笑)

ベビーパーク
(写真はベビーパークの公式HPより)

通うきっかけは、自分が英会話を習いたくて、子供と一緒なら楽しくやれるかも?と英会話教室を探したことがきっかけです。
近くに良い英会話教室がなかったので、範囲を広げたり、幼児教室も視野に入れたりして探し始め、出会ったのが「ベビーパーク」でした。

良いと思った点は、初めにマザーリングと言って、子育てのヒントを教えてもらったり、相談したりできる時間が設けられていることと、色々なことをやるので、子供の興味があるものを知れるという点です。
上の子は小さい頃から物作りや図形が好きで、下の子は体を動かすことが好きという特徴がありました。

自分だけではやらなかった事を体験出来るので、「こんな事出来るの?」といったことや、「こんな事に興味を持つの?」ということが分かって驚くことがあります。
これはベビーパークに入ってから知ったのですが、「子供が将来に自分の意思で自分の道を見つけ、それに向かって学ぶ意欲と方法を身につけることが大切だ」という方針を持っているところもとても気に入っています。

ただし、無理強いはしないつもりですし、私自身も無理をして通うつもりもありません。
私は、幼児期の習い事は親の自己満足だと思っています。お受験も目指していませんし、高いI Qも求めていません。当初の目的だった英会話に関しては、長男があまり英語に関心がないので、こちらも今のところ一緒に学ぶのは諦めました。

習い事などは、「あの時もっとやらせてあげたら・・・」という後悔をしたくないので通っています。なので、子供が通いたくないと言ったらすぐにやめるつもりです。
今、上の子は進級してジュニアコースにいますが、ベビーパークに楽しんで通っているのでこちらも頑張って送り迎えをしています。

私のような意見もあれば、少しでも身になるように一緒に頑張りたいと言って通っているママさんもいます。
もちろん、何が良いのか分からないからとりあえず通っているというママさんもいて、子供についてのことは正解がないものだなぁとつくづく感じますね。

色々な意見があることを知って、誰かに合わせるのではなく、ママとパパの考え方次第で良いものを取り入れるというのが結局は良いと思います。
私の考えも1つの意見として、今回の記事が参考になれば嬉しいです。

前の記事:
次の記事:
  • 事前査定はこちら
  • 資料請求・お申し込み