妊娠中の方・妊婦さんでも加入できる医療保険の専門サイト

妊娠中でも入れる医療保険
  • お客様サービスセンター
  • 【受付】10時~17時 土日祝を除く
  • 資料請求・お申し込み
  • 事前査定はこちら

ママ友と非常食の試食会!子供が食べられる非常食の選び方


2021年05月08日

台風や地震が相次いでいますが、皆さんは非常食をしっかり用意していますか?

非常食は3〜5年と賞味期限が長く、長期保存に適しています。
現在妊娠中の方は、大人の非常食を用意する際に、ぜひ2~3年後のことを考えて、子供も一緒に食べられるものを用意して欲しいと思います。

2~3歳になると大人と同じようなものを食べられるようになりますが、まだまだ堅いものや大人好みの味付けは食べることができません。割高な非常食は頻繁に買い換えるのがもったいないので、せっかく買うなら子供が成長しても食べられるものを買いたいですよね。

今回は、子供が食べられる非常食の選び方について記事にまとめました。

■ 過去の参考記事
台風被害を経験したママが考える「子育て家庭の防災」。災害に備えて子供を守ろう

子供が食べられる非常食を用意しよう

私が防災を意識して準備を始めたのは、長男が2歳になる頃でした。ただ、「好き嫌いが多い子供が非常食を食べるのか?」というのが疑問でした。

また、離乳食は卒業しているけど、完全に大人と同じものを食べていない2歳前後の子供には何を用意すればよいのか?という疑問もありました。
非常食は価格も高いので、気軽に試食はしづらい…。

そこで数人のママを誘って試食会を数回開催しました。
1歳半~4歳頃の子供が食べられそうなものを持ち寄って色々試してみました。

試食会で実際に食べてみたもの

・尾西のアルファ化米
・アキモト缶パン
・ボローニャの缶パン
・ひだまりパン
・レスキューフーズ
・乾パン

アルファ化米とは、炊いたり、蒸したりしたお米を熱風で急速乾燥させたものです。
尾西だけでなく、色々なところからアルファ化米は販売されています。アルファ化米はただの白米以外にもわかめご飯、チキンライス、ピラフなど様々な種類があります。

パンは様々な種類を用意しました。多くの子供はパンが好きですが、その中でもどれが美味しいのかチェックしたくていろんなものを買いました。

そして、非常食の定番である乾パン!
乾パンも色々なメーカーが出しているようで、少し悩みましたね。

美味しかったものランキング

大人が美味しい!と思ったものと子供が美味しい!と思ったものはやはり違っていました。

以下、それぞれランキング形式で紹介します。

【子供が好きなもの】
1.乾パン

2.尾西の白かゆ

【大人が好きなもの】
1.アキモトのパン

2.レスキューフーズ(シチュー&ライス)

子供が好きな非常食の共通点

意外にも子供にはシンプルな物が人気でした。乾パンは味気ないイメージがありましたが、予想以上に美味しくて、子供達に大人気でした。

子供は普段から食べ慣れているものを食べると落ち着くと言われています。
乾パンは袋入りでスナック菓子のように売られているので、時々おやつに出して普段の味にしておくのも良いと思います。

アルファ化米は水またはお湯を入れるだけで完成するものです。水を入れる位置に印が書いてあるのですが、おかゆには2つの印があり、水の量でご飯の柔らかさが調整できるようになっています。

袋の中にはスプーンと塩が入っているのですが、塩分が強いと感じたので、試食会の時には塩は入れませんでした(災害時、疲れている時は塩を入れた方が良いと思います。)
試食会では水で作ったのですが、子供たちには大人気ですぐにみんな食べてしまいました。

親が良いと思ったのはアキモトの缶パンとレスキューフーズです。アキモトの缶パンはパン屋さんが阪神大震災をきっかけに作ったものなのだそうです。

パン屋さんが開発しただけあって味はどれもピカイチに美味しかったです(アキモトの缶パンは味にいくつか種類があります)。
レスキューフーズは、発火剤が中に入っているので、これだけで温かいご飯が食べられるものです。試食会で食べたのはシチュー&ライスでしたが、子供たちも食べやすく大人にも子供にも人気がある1品にでした。

非常食の用意で注意すべきこと

このように色々作って、食べてみて親として用意しておきたいものも見えてきました。まずは、子供は非常時でも我慢ができないので、すぐに食べられるものを用意することです。

非常食を試食するまで知らなかったのですが、非常食は作るのに時間がかかるものが多いのです。アルファ化米もお湯なら15分程度ですが、水なら60分近くかかるものもあります。

すぐに空腹を満たせるものは必ず入れなければいけないと思いました。
台風の長期停電で経験した事ですが、お店が開いていても災害時はパンやおにぎりなどすぐに食べられるものはすぐに売り切れます。物流が滞ればすぐに食べるものはなかなか手にはいらないのです。

また、災害時は温かいご飯や食べ慣れているものがホッとするという意見が多かったです
非常食では、レスキューフーズはあった方が良いなと感じました。また、レトルトなんかは普段から食べる事もできるので、多めに買ってストックしておくのも良いですね。

まとめ

ほとんどの場合、非常食は買っておいておくだけだと思います。大人だけなら非常時に味など気にしなくても問題ありませんが、子供はそうはいきません。

ぜひ皆さんも一度、非常食について考えてみて下さい。非常食が気になる人が何人か集まれれば試食会もオススメです。

前の記事:
次の記事:
  • 事前査定はこちら
  • 資料請求・お申し込み