妊娠中の方・妊婦さんでも加入できる医療保険の専門サイト

妊娠中でも入れる医療保険
  • お客様サービスセンター
  • 【受付】10時~17時 土日祝を除く
  • 資料請求・お申し込み
  • 事前査定はこちら

妊娠中〜産後で気になる美容の疑問を元エステティシャンが解説


2020年12月29日

ママになっても綺麗でいたい!そう考えるママさんは多くいます。
しかし、妊娠すればホルモンバランスが崩れ、出産すれば育児で時間が取られるので今まで通りのケアでは綺麗は保てません。

ママにはママの美容法があります。お肌のトラブルに悩む前に美容法を知っておきましょう。

気になる!妊娠中の美容法

私は現在ファイナンシャルプランナーという仕事をしていますが、以前はエステティシャンをしていました。
「妊娠したら肌質が変わった」、「今までにないトラブルが起きた」と相談にくる人が増えました。

出産するとエステに行く機会が大幅に減って、どのように手入れをして良いのか分からないという人もいます。
元エステティシャンの経験から言うと、肌の手入れで一番大切なのは日々のケアです。

ただし、必要なケアは人によって変わります。ここでは良くあるトラブルを例にその原因とケア方法を解説していきます。

妊娠すると綺麗になるって本当?

妊娠すると女性の体はホルモンバランスが変化します。ホルモンは妊娠を維持するのに必要なものですが、その影響でお肌のトラブルも出てきます。

しかし、「妊娠すると女性は綺麗になる」と聞いたことはありませんか?
実はこれもホルモンの影響なのです。

妊娠中は、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンの分泌が増えます。エストロゲンは別名「美のホルモン」と言われています。エストロゲンが増えると髪や肌にハリと艶が生まれます。

一方プロゲステロンは妊娠維持に必要なホルモンですが、皮脂の分泌を活発にする働きがあり、それによって肌荒れが起きることがあります。
人によって肌の調子が良くなる人もいれば、調子が悪くなるく人もいるというのは、この2つのホルモンのバランスがどう出るか人によって違ってくるからです。

妊娠中の美肌作りは中と外からアプローチ

ホルモンで肌や髪の調子が変化しますが、美のホルモンであるエストロゲンが多ければ良いという問題でもありません。エストロゲンも色素沈着が起こったり、乳がんのリスクを高めたりする作用があります。なので、一番大切なのはバランスです。

そのバランスを完全に整えることは難しいですが、出来ることは生活習慣を整え、ストレスの緩和をすることなどが挙げられます。
つわりの時期だとなかなか難しいですが、バランスの良い食事もホルモンバランスを整えるのに必要です。

また、食生活のように中からのアプローチだけでなく、保湿、U Vケア等の外からのアプローチも有効です。
ただ肌質が変わったり、敏感肌になったりする人もいるので肌に合った基礎化粧に変える事も大切です。

妊娠線を作りたくなければ予防策が必要?

ママの美容で気になるのが妊娠線です。実は妊娠線は組織の破壊で起こります。これは一度出来てしまうと治りません。なので、一番大切なのが予防し、妊娠線が出来ないようにする事です。

妊娠線の予防は体重管理と保湿

妊娠線の予防で大切なのが、体重管理と保湿です。
急激な体重増加は妊娠線の原因になります。体重管理については以前にも書いた記事で解説していますので、よろしければご覧ください。

関連記事:妊娠中の体重増加。検診で指摘されてダイエットをした私の体験談

あとは保湿です。
乾燥は肌の組織を痛める原因になりますから、保湿は絶対条件です。

お風呂上がりにしっとりするくらいお腹を保湿するだけでも効果はありますが、冬など乾燥しやすい時期は1日数回保湿をするとさらに効果があります。

妊娠中に美容室って行っても大丈夫?

髪については日々のケアだけでなく、美容室でのケアも大切です。
そこで多くの人が疑問に思うのは、妊娠中に美容室に行っても大丈夫かどうかです。

これは私が実際に妊娠中に美容師さんから聞いた話ですが、妊娠中は肌が敏感になる人が多く、刺激が強いパーマ液やカラー剤は人によって頭皮を痛める原因になる可能性があるそうです。
そのため、刺激の強い薬剤を避けるか、パーマ液等は頭皮に付けないギリギリのラインで付ける必要があります。

また、産後は忙しくてしばらく髪を切りに行けない方もいますよね。
特に母乳で育てている方は長い時間赤ちゃんから離れられなくなるので、妊娠中に美容師さんと相談しながら髪型を決めることをお勧めします。

人の印象で重要なのは髪型です。鏡に映った自分が疲れて見える時は髪がボサボサ、パサパサではありませんか?
髪を綺麗に出来るかどうかは綺麗なママでいられるかどうかの大きなポイントです。

産後の美容法は?

産後の問題として、
・髪が抜ける
・ホルモンバランスの乱れで肌荒れが起きる
・忙しくて自分の美容に時間をかけていられなくなる
ということが挙げられます。

落ち着いたら子供を預けて自分のリラックス時間を作る、定期的にゆっくり肌のお手入れやお風呂の時間を確保するだけでも美容にはとても良いことなのです。
そのためにはパパの育児参加、託児所付きの美容室やサロン等もリサーチしておくと良いですよ。

綺麗なママでいるためには、一人で育児を抱え込まない事も大切です。無理のない範囲で美容を楽しんで下さい。

関連記事:夫をイクメンにしたい!妊娠中からパパと一緒に育児を考えよう!

前の記事:
次の記事:
  • 事前査定はこちら
  • 資料請求・お申し込み